メールマガジン

□■ bauma China 2018 □■ (2018年12月三笠産業メールマガジン vol119-1)

 
 やってきました2年に1度、恒例となりましたbauma China。今回もShanghai New International Expo Centre にて11月27日~11月30日の4日間の日程で開催されました。主催者側の発表によると出展社数は38の国から3,350社と前回に比べて13%増えたそうです。又、来場者数は21万2,500人で前回と比べますと25%も増えたそうで、他人事ではないアメリカとの貿易摩擦が深刻化する中ではありますが、中国国内の景気はまだまだ悪くないといったところでしょうか。この来場者の94%がアジアからだったようですが、来場者の国別ランキングではトップから順に(中国を除く)韓国、ロシア、インド、マレーシア、日本、台湾、タイ、インドネシア、そしてシンガポールというレポートが公表されています。今回のbauma Chinaは霧(?)が立ち込める日が続きましたが、屋外の会場も初日から大賑わいで大盛況だったことは間違いありません。
展示会場正面入口の様子
 
bauma China Mikasa ブース
 
 さてさて展示会初日が終了し、“今晩は身内で火鍋でもつつこか~!”と皆で申し合わせ、程よいビールと共に美味しく頂こうと考えておりました。
が、その矢先・・・北京の重要なお客様との会食が突然入ったと上海スタッフの中国語が聞こえてきました。更に

『三笠本社から日本人が来ないと盛り上がらないぞ!!』

とのリクエストまで聞こえてきまして、知らないふりして早急にその場からの離脱を試みたものの、あえなく捕獲・・・(泣)。やむなく火鍋とビールを諦め会食メンバーに入ることになりました(涙)。実は筆者は過去に4年間の上海駐在経験がありまして、 中国の酒席の激しさ厳しさは骨身に沁みております。

『日本人単独で向かうには危険すぎる・・・相手を分散しないと・・・』

直感が働きました。そこで今回初参加の弊社国内営業部の課長二名を道連れにしてやろうと誘い出したところ、まぁ~~~~今まで見たことのないような酷く怯えた顔で

『堪忍してくれよぉ~~~~・・・』

と訴えてきます(笑)。二人は中国の宴会がいかに大変な世界なのかを事前に私がさんざん吹き込んでしまったから嫌がっているわけですが、いやいや自分だけが倒れる必要はない、これもbauma Chinaだと心を鬼にして説得。という訳で日本人3名体制にて挑むことになりました。
 会食後、私たちがどれだけ乱れたかはご想像にお任せしますが、過去見たことのないMOUTAI(マオタイ酒)の上級酒を味わう(流し込む??)ことが出来たので、苦く切なく良い経験になったと思います。
↑最高級のMOUTAI酒
 
 それではここで今回参加の国内営業部を代表しまして大阪支店のや・・・Y課長にbauma China及びマオタイ酒の感想をお話しいただきましょう!




 ただ今ご紹介を受けました西日本営業部大阪支店Yと申します。(筆者とは大親友??)夢にまで見た上海出張、bauma Chinaに参加させていただきましたが、今までに見たことのない大規模な会場、出展メーカー数、そして多数の来場者には驚かされました。2日間参加させていただき会場を見て回ると、弊社製品とよく似た商品を展示しているメーカーがずらりと並んでおり、一瞬、弊社の商品かな!?とびっくりさせられたほどです。
そして、白酒の思い出ですが、かねてより噂でいろいろと聞いており不安な気持ちでいっぱい。飲む前からフラフラになりそうでしたが、初めて一口飲んだ瞬間の感想は・・・

『のど通れへんやん!腸が火傷するわ!』

といった感じで初めは全く飲めたものではなかったのですが、人間の適応力は大したものです。代理店様と何回か“カンベイ!”“カンベイ!”を繰り返しているうちに、だんだん白酒にも慣れ、気持ちよく酔っておりました。しかしその辺が最後の記憶。途中からの記憶が全くなく目が覚めた時にはスーツと革靴のまま部屋のベッドの上でした(泣)。なにはともあれ言葉の分らない私は代理店様と“シェイシェイ”“カンベイ!”しか話せませんでしたが、酒の挨拶で多少は意思の疎通が図れたのではないかなと思います。
今回、bauma Chinaへ参加させていただき素晴らしい経験になりました。また三笠机械(上海)有限公司の皆さんには大変お世話になりまして感謝、感謝です。以上。




柳・・・Y課長、有難うございました。酒の挨拶で意思疎通が出来れば中国の担当者として問題なし!またのお越しをお待ちしております!

 最後になりますが、今回のbauma Chinaに合わせまして11月28日(水)三笠机械(上海)有限公司の代理店会を中油陽光大酒店で開催しました。中国全土から約80名の代理店様にお集まりいただき、盛大なパーティーを催すことが出来ました。冒頭、三笠産業株式会社 京谷社長のご挨拶と三笠机械(上海)有限公司 周総経理の年間報告から始まり、優秀代理店様の表彰式へと続きました。乾杯のあとは白酒での“カンベイ!”続きで例年の事ではありますが、我々日本人は惨敗という結果に終わりました。中国の景気の先行きは予想しにくい状況ですが、パーティーは例年通りの盛り上がりで代理店皆々様の圧倒的パワーを感じた次第です。このパワーが結集されれば来年も素晴らしい年になると確認できた出張になりました。読者の皆様、次回のbauma Chinaは2020年11月オリンピックイヤーに開催されます。上海へお越しの予定がございましたら是非、MOUTAIで“カンベイ!”させてください。
再見!!
京谷社長ご挨拶
 
Y課長(中央)の“カンベイ!”(頑張りすぎました・・・)
 
海外営業部海外一課 向井 記
 
ページの先頭へ