メールマガジン

□■ 物流センター新倉庫落成 □■ (2014年11月三笠産業メールマガジン vol70-5)

 群馬県館林市にございます三笠産業物流センターにこのたび待ちに待った新倉庫が完成致しました。
 本年7月14日に地鎮祭、その後三ケ月半の工期を経て10月29日竣工と成りました。広さは幅約30M、奥行約50Mの広々とした建物です。
  既に物流センターには倉庫が2棟有りますが、今回の新倉庫竣工で約45%の増築と成りました。MIKASA VIETNAM(ベトナム工場)など海外から、多いときには1回の入荷量が300台といった単位で入荷する様になり、増築前は通路まで製品が溢れる状況で、整理、整頓、清掃の3Sもなかなか思うようにならない状況でした。また、このあおりを受け倉庫内で実施したい作業を屋外で行わざるを得ず、特に雨には泣かされて来ました。この倉庫の完成によりこのような負担から解放され、効率よく製品を出荷する事が可能になります。
 現在、物流センターでは7名で出荷業務を行っておりますが、新倉庫の完成を機に今一度気を引き締め、努力して参ります。
 
新倉庫外観
竣工式会場
 
竣工式の様子1
竣工式の様子2
 
生産管理部部物流業務課 近藤記
 
ページの先頭へ