メールマガジン

□■ 三笠ローカルレポート第22回 館林つつじまつり □■ (2014年5月三笠産業メールマガジン vol64-2)

 久しぶりのローカルレポートとなりました今回は、館林市で開催されました「つつじまつり」の模様をレポートいたします。
 群馬県館林市といえばこのメルマガの読者の皆様には、三笠産業館林工場、物流センターを真っ先に思い浮かべていただけると思いますが(あれ、北関東営業所は?)、うどん、つつじ、分福茶釜の茂林寺などの文化的名所を含め多岐にわたり楽しめるところです。今回は旬なニュースをお届けするべく、つつじが岡公園「つつじまつり」を取材してきました。GWも過ぎた時期だったので混んでいないだろうと高を括っていたのですが、到着した駐車場には観光バスがずらりと停車しており、あれあれ・・・と思いつつ園内へ。案の定、園内のつつじ古木群を巡る経路には多くの方々が。つつじをバックに写真を撮る人波をかき分け我々も一眼レフを持出しパシリパシリ!と撮影。つつじの中には、館林市出身の宇宙飛行士・向井千秋さんと共に宇宙を飛行した種から育てた「宇宙ツツジ」コーナーもあったり、隣接する沼から遊覧船に乗りつつじを見ることもできたりと、様々な工夫がされており、初夏の風景をゆっくりと楽しむことが出来ました。皆様もぜひ足を運んでみてください。
 さてさて日毎に蒸し暑さが増している館林、今年ももうすぐ“エポックミスト”の出番です。
 
 
 
 
Mr.K
ページの先頭へ