メールマガジン

□■ ★★ EE東北'13出展 ★★ □■ (2013年6月三笠産業メールマガジン vol53-2)

 23回目の開催となる「EE東北‘13」が「復興へ、今こそ活かそう新技術」をテーマとして6月5日(水)、6日(木)仙台市の「夢メッセみやぎ」にて開催されました。
 我が三笠ブースでは、今回は、転圧センサー「Compas」を搭載したMVH-306DSC-PASバイブロコンパクター、並びに転圧作業の低騒音化とオペレーターの手腕振動軽減を実現した防音型ランマーMT-55L-SGK、のNETIS登録商品2機種と、吸塵式乾式コンクリートカッターMCD-RY14、をメインに展示いたしました。ご来場の皆様方もNETIS製品には非常に感心を寄せて頂き、特に地盤の硬度変化をリアルタイムにLEDで表示する“転圧センサー”を取り付けたバイブロコンパクターは注目の的となりました。また3層循環式サイクロン型吸塵装置で強力に集塵し切削粉を出さないMCD-RY14は、新技術という事もあり実演を見る方々の熱気を肌で感じる事が出来ました。
 東北の再生元年と呼ばれるこの機会に、多くの方々に三笠の最新技術を見て、聞いて、触れていただく事が出来、新しい東北への期待が膨らみました。これからの復興工事に数多く採用頂き、復興、再生に邁進している東北にたくさん貢献出来るよう、我々も精一杯努力いたします。 2日間の開催期間中、熱心にご覧いただいた皆様には、ぜひ新技術を復興にご活用下さいます様宜しくお願い申し上げます。また、製品PRの場をご提供頂きましたEE東北実行委員会様のご尽力に厚く御礼申し上げると共に、主催店様の御発展ならびにご健勝をお祈り申し上げます。
 
 
 
東日本営業部東北一課 高松記
ページの先頭へ