技術情報

1.ダイヤモンドブレード選択のポイントと注意事項

ダイヤモンドブレードは様々な条件を設定し製造されております。お使いの際には、以下の選択ポイントと注意事項をご理解いただきご使用ください。
ベストな選択と使用方法が、ダイヤモンドブレードの性能を最大限に引き出します。
湿式、乾式の確認
ダイヤモンドブレードは水を使用する湿式と、使用しない乾式では刃先の設計が全く異なります。一般的には、道路カッター用は湿式、ハンドカッター用は乾式となっております。必ずご確認ください。湿式ブレードを水なしで使用すると切削不良を起こします。
使用機械の確認
三笠製カッターには純正ブレードをお使い下さい。また、道路カッター、ハンドカッターいずれに使用するかを必ずご確認ください。設定が湿式、乾式の違いもありますが、道路カッターとハンドカッターでは搭載動力の出力が大きく違いますので、刃先の設計も全く異なります。ハンドカッター用ブレードを道路カッターで使用すると、異常な摩耗を起こし、道路カッター用ブレードをハンドカッターで使用すると切削不良が発生します。
用途の確認
ダイヤモンドブレードは用途によって、刃先の設計が異なります。用途違いの製品を使用すると、異常摩耗や切削不良が発生することがあります。
センター取付穴径の確認
カッターのブレード取付シャフトの軸径(ブレードの取付穴径)は道路カッターとハンドカッターでは異なります。またハンドカッターは、機材により穴径が異なることがありますのでご確認ください。取付穴径の異なるブレードの使用は、必ず異常摩耗やトラブルの発生につながりますのでおやめください。
サイズの確認
ブレードサイズにより切断深さが異なります。浅い切断に大きな径のブレードを使用するのは無駄になります。また、出力の小さな機械に大きな径のブレードを取り付けるのも切削不良などを起こし禁物です。あらかじめ切断深さを確認し、適正な機械で適正なサイズのブレードを装着し作業することが作業性・経済性共にベストです。
取扱説明書内容の理解
ダイヤモンドブレードを安全にお使いいただくにはいくつかの注意事項があります。ブレードには取扱説明書が添付されておりますので、ご使用前に必ずお読みください。
ページの先頭へ