三笠総合カタログ2019-2020
41/78

転圧不足や過転圧の見える化転圧センサーは、新制御方式の加速度センサーを内臓しています施工目標となる地盤硬度に応じてLEDランプが点灯し、転圧回数と作業時間を節約できます。※締固め限界を示す赤色ランプは必ずしも点灯いたしません。地盤により赤色ランプ点灯以前に、目標となる地盤硬度に達する場合がございます。緑色点滅:振動が正常でない場合緑色と赤色のみ点灯:地盤不良や軟弱地盤の場合緑色と赤色のみ点滅:断線等故障の場合LEDランプ点灯例黄色:1〜8赤色:締固め限界※※グラフデータ:MVH-308DSC-PAS地盤剛性値を定期的に確認砕 石含水比多粘土質含水比過多のため、これ以上ランプは点灯せず、場合によってはランプ数が減少します。※グラフ2参照地盤不良や軟弱地盤の場合締固め限界 黄ランプ:1〜8 赤ランプ:点灯※グラフ1参照(MVH-308・408・508)加速度センサーLEDランプの点灯数は地盤剛性値と比例関係にあります。含水比が多い場合には転圧を重ねても地盤剛性が低下する事があり、これに伴いLEDランプも減少します。地盤剛性値とLEDランプの関係LEDランプ表示で締固め具合を確認しながら作業できますCompasⅡ転圧センサー動画はこちら!13265487250200100150500200100含水比と締め固めの関係Pass(転圧回数)含水比4.5%K30(MN/m3)相当LEDランプの点灯個数[ご注意]転圧センサーのLEDランプは地盤剛性値の絶対値を表示するものではありません。使用する時は必ず平板載荷試験、動的載荷試験(FWD)等により、施工に応じた適切な地盤剛性値の計測を行い実測値とLED点灯レベルの校正を行ってください。赤〈グラフ2〉転圧回数5~9回最適含水比(参考)含水比過多(参考)転圧回数1~5回転圧回数9~15回〈グラフ1〉8661赤LED点灯状況転圧回数-砕石(C-40)-※細粒分含有率Fc(%)=50相当以上の土質では、試験施工を確認した上でご使用ください。40バイブロコンパクター

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る