HOME > NEWS > 2019年元旦の御挨拶

更新情報/お知らせ

2019.01.01

2019年元旦の御挨拶

新春のご挨拶

 新しい年を迎え、謹んでご挨拶を申し上げます。
 昨年は、米中の緊張の高まりを受けた不透明感の中にありながらも、世界経済は比較的穏やかに推移、一方日本経済は輸出面では足踏みがみられたものの、内需においては経済対策効果、官民による建設投資の増加などで底堅く成長が続きました。
今年の国内市場は、十月に導入されます消費税率引き上げの影響等が気がかりですが、引き続き期待が持てる災害復旧事業や大規模再開発等に加え、大阪万博開催決定に伴う需要が期待されます。また海外での主要市場である北米は、トランプ政権の政策から大きく落ち込むことはないとみており、今しばらくは安定した成長が続くと思われます。
当社といたしましては、積極的に新製品開発を推し進めると同時に、既存製品のモデルチェンジやシリーズ化を図り日々多様化の進む土木建設現場のニーズに対応してまいります。生産面におきましては、ベトナム工場の生産能力の増強、ならびに更なる品質向上を目指し、新たなステージに進むべく若い力を投入し体制刷新を行います。また、製品開発を更に加速させることを目的として、現在の地に40余年の歴史を持つ技術研究所の社屋新築を含めた再構築を図り、充実した研究環境の整備を進めてまいります。
 結びに、本年が皆様にとって素晴らしい年となります様ご祈念申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

2019年元旦

三笠産業株式会社

代表取締役社長

京谷 弘也

最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS
ページの先頭へ