新製品動画コーナー

高周波インバーター FU-162

・入力電圧 単相100V/200V兼用
・IP56取得:防塵・防水構造
・出力周波数を100~240Hzまで可変可能。自振モーターでの打設作業の施工性が拡張
・LED表示の切換えでインバーターの運転状態を確認。LEDランプの点灯・点滅及び、バイブレーターの振動筒部の脈動による警告表示機能を採用

CF-12 Concrete Detection System

コンクリート充填感知システムは、コンクリート打設の際に型枠の形状や複雑な配筋のため目視で確認できない場合でも、コンクリートの充填位置を確認できるシステムです。こ­のたびCF-12コンクリート充填検知システムがNETIS登録されました。
・検知センサーランプにLEDを採用しました。
・判定しきい値(抵抗値:Ω)の上限、下限の調整が可能となりました。
・本体のPC通信端末とパソコンをケーブルでつなぎ、専用ソフトをインストールすることで、パソコン画面で設置した検知センサーの充填状況をリアルタイムで確認することが­できます。また、付属のUSBメモリを使用し、経過時間に対応した充填状況のデータを記録します。

タンピングランマーの防振ハンドルについて

三笠産業のタンピングランマーに搭載されている防振ハンドルと従来型を比較してみました。前半が従来型、後半(1:00くらい)から最新型の映像­です。

前後進コンパクター MVH-308DSC-PAS

 転圧センサー(CompasⅡ)は起振体部に設置した加速度センサーにより、地盤剛性­­値を定量的に確認できるため、より効率的な転圧作業を可能とします。また、施工目標­と­なる地盤硬度に応じて作業回数が明確化され、作業時間を節約します

MIKASA MIST-SPRAYER MWM-1002

三笠エポックミストMWM-1002を重機に取りつけて使用

MIKASA MIST-SPRAYER MWM-502

※エポックミストとは
霧状にした水をノズルから放出し、蒸発に伴う気化熱で周辺温度を下げることにより涼しさを提供いたします。また水が粉砕する時に発生するマイナスイオンにより、周辺環境の­改善効果も期待できます。

MIKASA Tamping_Rammer MTX-M55

三笠産業の電動式ランマーMTX-M55です。音が静かで空気をよごさない為、トンネル内、溝、夜間作業などの現場に適しています。電源は電灯線からとれる単相100Vの­整流子モーターで、コードを接続するだけで手軽­にお使いいただけます。また、標準装備のウレタンフートによってさらに低騒音化されています。

MIKASA Concrete_Cutter MCD-RY14

昨今、舗装版切削時に発生する産業廃棄物(濁水・汚泥・粉塵等)の収集・運搬・処理について、都道府県より行政指導等が増えつつあります。
それに対応するべく2012年三笠産業では環境に優しく効率の良い切削作業を実現するMCD-R14コンクリートカッターを新たに開発いたしました。
今までの湿式では水を使用するため、切削後ブラシ作業等面倒な作業が必要でしたがこのMCD-RY14は乾式・吸塵の為、その面倒な作業の必要がありません。

MIKASA Reversible_Compactor MVH-207DS

Mikasa MVH-207DS Reversible Compactors are forward and reverse compactors with strong vibration, Suitable for Cohesive Soil Trench Work, Underground Work (Cable, Water Pipe, etc.) and foundation work for buildings and plants.

MIKASA FLOOR_SCRAPER MS-150

三笠産業のフロアスクレーパーMS-150のご紹介です。

MIKASA Reversible_Compactor MVH-306DSC

Mikasa MVH-306DSC Reversible Compactors are forward and reverse compactors with strong vibration, Suitable for Cohesive Soil Trench Work, Underground Work (Cable, Water Pipe, etc.) and foundation work for buildings and plants.

MCG-50 溝掃除機

アスファルト舗装面、コンクリート舗装面の打継目や目地の溝を補修する際に、 目地や溝に侵入した砂、土、自生植物等をあらかじめ除去や掃除をすることができます。

ページの先頭へ