**********************************************************

 

   三笠産業メールマガジン  Vol.119 ≪2018年12月14日≫

 

**********************************************************

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

三笠の京谷です。

昨日インド出張から戻ってきました。

 

久しぶりのインドでしたが私にとっては今回が3度目の訪問です。

今回の訪問地は首都デリー。

三笠の機械も出展した「 BAUMA CONEXPO INDIA 」という

建機展の応援出張です。

 

インドの印象は以前と比べ変わったと思う点と、

全く変わっていないと感じる面が同居しています。

まずは新ターミナルの完成でデリー空港が一気に近代化された

ことに驚きました。

そして何より一番大きく変わったと思った事は街を走っている

自動車が綺麗になったこと。そして車種が格段に増えたことです。

インドでスズキの車がシェアートップというのは有名な話ですが、

意外にも他の日本車や韓国の車も結構多いと感じました。

只、私の大好きだった且つてのインドの国民車「アンバサダー」を

ほとんど見かけなくなったのは寂しい限りです。

 

一方、あまり変わってないのは郊外の景色。

あっという間に新しい高速道路や新幹線が完成し、

数年で街の景色が一変する中国のスピードとは雲泥の差です。

相変わらず道沿いには牛が放し飼いにされており

歩道にも牛の糞が沢山落ちています。

その横を黒塗りのメルセデスが走り抜けるという光景は

何ともインド的です。

市内中心部の渋滞やオートリキシャ(三輪自動車)のマナーの悪さ、

そして野良犬の多さも相変わらずでした。

展示会の方は人口の多いインドですからさぞかし人だけは沢山・・・

と想像していましたが、初日の展示会は入場ゲートの行列も無く、

閑散とした光景。会場も最後まで人影はまばらで拍子抜けです。

展示会の規模も予想よりずっと小規模で、先々週の上海BAUMA

と比べると1/5程度といったところでしょうか。

 

インドの建機展はやはりバンガロールで開催される「 EXCON 」が

メインで、インドでは新興展示会となる「 BAUMA CONEXPO INDIA 」はまだまだ

知名度が足りないようです。

本来はライバル関係になる BAUMA と CONEXPO の共催も納得です。

 

三笠もインド市場に手を付けてから既に10年以上。

その間、何度か代理店の変更を重ねながら細々とやってきましたが、

今年から新たにパートナーとなったG社は期待が持てます。

来年以降インドビジネスに花が咲くことを願って帰ってきました。

 

今年は楽しかったこと、悲しかったこと、色々あった一年でしたが、

皆様には一年間大変お世話になりました。

2019年が皆様にとって素晴らしい一年になりますことを祈りまして、

本年最後のメルマガの挨拶とさせていただきます。

 

来年も三笠をよろしくお願いいたします。

 

代表取締役社長 京谷 弘也

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

______________________________

 

◆◇◆◇ 今月のLINE UP ◆◇◆◇

 

■ 三笠通信

 

  bauma China 2018 レポート

 

■ 三笠クロスワードパズル

 

■ 「三笠がある風景」

 

■ 皆さんの声を聞かせてください

 

■ 編集室より

 

_______________________________ 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ≪三笠通信≫ ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

★★★ bauma China 2018 レポート ★★★

 

2018年最後の三笠通信は、11月末に上海で開催されました、

bauma China 2018のレポートをお届けします。

担当者として海を渡った男、見識を拡げるために海を渡った男、

上海の風景は、二人の関西人にどのように映ったのでしょうか?

 

詳しくはこちら

http://www.mikasas.com/japanese/melmaga/181215/info1dec.html

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

■三笠クロスワードパズル

 

http://www.mikasas.com/japanese/melmaga/181215/info10.html

 

2018年12月31日までに御回答を専用フォームからお送りください。

正解者の中から抽選で2名の方に記念品を差し上げます。

 

■「三笠がある風景」

今月は日が暮れても頑張る姿と、橋渡しの風景が届いています。

 

「三笠がある風景」はホームページのバナーからもお楽しみいただけます。

 

http://www.mikasas.com/japanese/melmaga/mikasanoaru/info2018.html

 

三笠産業メールマガジンでは引き続き

「三笠がある風景」をテーマに、皆様からの写真を募集しています。

珍しい作業現場、美しい景色の中で活躍する

「三笠」の写真を投稿してください。

 

☆投稿方法

 

投稿専用メールアドレス info@mikasas.com にお送りください。

携帯からの投稿も可能です。件名「三笠がある風景」としてください。

 

投稿メールには

・住所 / 氏名 / TEL / 会社名

・匿名希望の場合はペンネーム

・写真タイトル・コメント

を必ず御記入ください。

優秀作品は当社ホームページに掲載し、記念品をお送りします。

沢山のお便りお待ちしております!

 

■皆さんの声を聞かせてください

三笠産業メールマガジンでは、ご愛読頂いている皆様からの

御意見御要望をお待ちしています。

・こんな企画をお願いしたい!

・このコーナーをもっと充実させて欲しい

・メールマガジンで紹介している内容に参加もしくは見学された御感想

などを、こちらにどしどしお寄せください。

もちろん製品に関してのお話も承ります。

 

info@mikasas.com

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

【編集室より】 

平成30年も三笠メールマガジンをご愛読いただきありがとうございました。

来年はいよいよ平成最後の年となります。4月には新しい元号も決まり・・・

っと、未だはっきりしない2019年。まだまだ未定の部分もあることから、

スケジュール調整に苦労している方も多いのではないでしょうか?

オリンピックイヤーの2020年も祝日の移動が有るとのことで、

これから数年、日本は落ち着かない日々が続きそうですね。

 

三笠産業株式会社は、

2018年12月28日(金)午後〜2019年1月6日(日)

の間、年末年始休業とさせていただきます。

2019年1月7日(月)より通常営業となります。

 

2019年も、三笠産業、三笠メールマガジンをよろしくお願いいたします。

 

【 編集者 かんとりーBOY 】

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

 

〜・〜・〜・☆ 次号は1月中旬お届け予定です ☆〜・〜・〜・ 

 

※このメールマガジンに掲載されている特集記事を、

ご興味をお持ちの方やお役立ていただけそうな方に是非ご紹介ください。

メルマガ本文または該当記事のURLを転送していただくと、

記事の一部を閲覧出来ます。

 

※このメールマガジンは、

・三笠産業メールマガジン登録フォームにご登録いただいたお客様

・三笠WEBパーツリストへご登録申請いただいたお客様

・弊社社員とお名刺交換などでメールアドレスを頂戴したお客様

などに配信しております。

 

※御登録頂いた情報に変更があった際、

またお問い合わせ、ご意見、御感想は下記、三笠産業メールマガジン編集部

までお願い致します。

 

※配信停止の際は、ご面倒ですが配信停止フォームに

メールアドレスを入力してご登録ください。

https://www.mikasas.com/JyoumonEngine/contact_jp/postmail3/postmail3.html

 

※バックナンバーもお楽しみください。

http://www.mikasas.com/japanese/info/pdf.html

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

------------------------------------------------------------------

■三笠産業メールマガジン vol.119 2018年12月14日発行

■発行:三笠産業株式会社 メルマガ編集部 http://www.mikasas.com/

〒101-0064東京都千代田区神田猿楽町1-4-3

info@mikasas.com

■Copyright(C)2018Mikasa Sangyo Co.,Ltd All Rights Reserved

全文または一部の記事の無断転載を禁じます。   

------------------------------------------------------------------